• TOP
  • 星種豚場

星種豚場

有限会社星種豚場 〒324-0613 栃木県那須郡那珂川町馬頭2444

茶色豚

★茶色豚

星種豚場では、ばとう手づくりハム工房で原料として使用している「茶色豚」を主に飼育しています。黒豚は知ってるけど茶色豚?と思う方がほとんどだと思います。
この豚はデュロック種(茶褐色毛の豚)で、産肉能力が高く、肉質の良い、さらにはサシ(筋中脂肪)が入りやすい品種として生産者の間では知られています。

うちのデュロックのユーザーである某大手ハム・ソーセージメーカー役員の方にコメントをいただきました。
『星さんの育てたデュロックは日本でもトップクラス。そのおかげで生産した肉豚の評判もかなり良いものです。また、このレストランで食べるとんかつもかなりの水準の高さなのでは?」
のような嬉しいお言葉もあります。

というわけで、(有)星種豚場は、デュロック種のトップブリーダーとして生産者の方々に優秀な遺伝子を提供しているのです。


人口授精用チューブ

★人工授精用精液

左の写真はチューブに充填された豚の人工授精用精液です。
最近では、日本の殆どの生産者が人工授精による交配法を取り入れています。(有)星種豚場では日本全国、北海道から九州まで改良を重ねた優秀な「茶色豚」の精液を毎日配送しています。
この人工授精用精液の販売本数は年間4万本!!
お母さん豚が肉豚になる子豚を約10匹生んだとして?・・・
4万本×10匹=40万匹!!の子豚を誕生させている計算になります。
こうしたたくさんの肉豚を生産するにはまず、確実に受胎させる必要があります。そのためには、元気な精子が生産者に届いているかを確認しなければなりません。
よって365日、顕微鏡で精子の状態をチェックしているのです。

超音波画像診断装置(スキャナ-)

★ん?何してるの?!

これは茶色豚の能力をしらべているのです。約5カ月間育てられた茶色豚を、超音波画像診断装置(スキャナ-)を使ってロースの断面積・背脂肪の厚さを測定します。他にも体重などを調べて茶色豚1頭1頭の特徴をデータ化し、系統ごとの能力を分析するのです。

★どうして分析する必要があるの?

肉豚の取引方法はさまざまですが「格付け」を基に取引されるのがほとんどです。格付けは「上・中・並」と評価されますが、生産者は売価の良い「上」の規格内に入る肉豚を育てようとします。
例えばさきほど測定した背脂肪の厚さも格付けに影響します。なので、各生産者のニーズに応えられるように背脂肪の厚くなる系統・薄くなる系統の茶色豚を創っておけば、生産者がどの系統の精液・種豚を選べばいいのか容易になる訳です。